2008年06月10日

2008/06/08聖地巡礼の記録

秋葉原へ行こうと思っていたところに友人から連絡が入り、無事かと問いただされ、一体なんの事?だと聞いてみると秋葉原で通り魔による無差別殺人で何人かの方が亡くなられたとのことだった。

自分はまだ自宅にいたため難を逃れたが、ネットでの情報では秋葉原が戦場のようだとか、いっているサイトもあった。最近何かと悪い話題しかない秋葉原だが、これだけ外部からの人の流入が激しいこともあり、今後も今回の事件を真似するような模倣犯や愉快犯などが出てきそうな感じもあるかもしれない。

今回はネットの掲示板で犯行が予告され、万世橋警察もその情報を知っていながら放置してきた事に対してどういう説明をするかが気になるところ。一時期取締りを強化していた時期のように、警官を歩行者天国に何人かパトロールしていれば、ここまで事件は悪化しなかったのでは、と・・・。亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。そして過剰な報道を続けるマスコミは被害者の遺族や友人の献花などの邪魔をすることのないようにしてもらいたいものだ。
posted by mutuki at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100013085

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。