2007年04月02日

2007/04/01聖地巡礼の記録

 リコーの新作「キャプリオGX-100」を見るために半蔵門の日本カメラ博物館へと向かうが、地図をうろ覚えだったため、千鳥ヶ淵へ向かう観光客に誤って付いて行ってしまう・・・桜が満開の都心部では、各地で花見をする人で一杯のようだ。かく言う自分はその花見の客の行く方向に釣られてしまった。

一度駅まで戻り、駅の中に設置された地図を確認し、再度目的地へ向かうがなんというかあまりに近い場所だった・・・。

外から見るとどのくらいの広さか全然分からないが、いざ中へ入ってみると、かなり狭い感じだった。しかもこの内容で入場料取るの?と思ったりもしたが。

さて肝心のキャプリオGX-100だが、AFの精度が微妙に合ってないような?手ブレ補正の効果も効いているかどうかも微妙だった。まあテスト機という事もあるので実際発売される物を確認しないとよく分からないが。

その後渋谷に移動し、シネマライズで公開中の「秒速5センチメートル」を観に行く。

新海誠氏の作品は「ほしのこえ」を下北沢のトリウッドで上映したときからみてきたが、どうして男のキャラクターが何時も冴えないというか、ウジウジしたタイプが登場し、段々鬱ぽくなっていき、最終的にはゲームで例えるならバットエンド的な結末を迎える。また今回もその路線は変わっていなかったのが少々残念・・・。

ついでに言うと作画のクオリティは高いが、ストーリーがイマイチなのも変わっていない。設定等はいいとしても話を作るのは他のスタッフ専門的な人が作ってもいいような気がする。監督である新海氏はトータル的な作業をこなすという事で。
posted by mutuki at 07:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。